「HBL広島整体院&美容鍼」痛みや不調を根本改善

 

グルコジェニックとケトジェニック 

A4BAD75F-A369-4D28-B293-EA4F14DF229A

こんにちは!

皆さんは、「グルコジェニック」「ケトジェニック」という言葉を耳にしたことはありますか?

ボディメイクやダイエット、体質改善や健康管理などを意識されている方はご存知かもしれません。

グルコジェニックとは、グルコース(糖質)をメインエネルギーとして代謝する状態の事で、炭水化物主体の食習慣である現代人の主要エネルギーとされています。

対してケトジェニックとは、ケトン体(脂質)をメインエネルギーとして代謝する状態の事で、農耕が始まる以前の古代人的食習慣によるエネルギー循環をいいます。

 

▶︎炭水化物主体のグルコジェニック

摂取した糖質は、筋肉や肝臓に貯蔵され糖エネルギーとして代謝されます。

しかし、余った糖質は中性脂肪として貯蔵されるので、摂取する糖質量をコントロールしなければ、体に脂肪がつき肥満に繋がります。

炭水化物主体の現代において、肥満はまさに現代病の代表でもあります。さらには、年齢を重ねると代謝が低下し、また筋肉量が落ちれば、当然ながら糖質が余るので「太りやすく」なります。

 

▶︎脂肪主体のケトジェニック

糖質が枯渇して、ようやく脂肪をエネルギーとした回路が回り始めます。

糖エネルギーは常に優先して消費されるのですが、糖質が枯渇すると体は脂肪酸をエネルギーにします。

これによって、余った中性脂肪がエネルギーとして活用されるので「短期間で一気に痩せる」といった現象が起こりやすくなります。

脂肪酸から同時にケトン体というエネルギー物質も分泌されます。

ケトン体が脳のエネルギー源として働く事は科学的に証明されています。

では、単純に糖質制限をしてダイエットをすれば痩せる!と思うかもしれませんが、

ケトジェニックダイエットには、気をつけなければならない体の反応があります。

それは「糖新生」という反応です。

 

次回は、糖新生について詳しくお伝えいたしますので、お楽しみに!

 

自然治癒力と免疫力について

 DDB80FF8-79CF-4665-A117-F30C92B86D9D

お体の不調を改善したり、健康であり続きけるには、

日頃ご来院のお客様にもお伝えしております「治癒力」や「免疫力」がとても大切になります!

身体の健康を維持するためには「睡眠」「食事」「運動」が深く関わっています

▶︎睡眠

睡眠は、日中活動して疲労した身体や細胞を修復する大切な時間です!

風邪や傷を治すために自己治癒力を促すのが、「成長ホルモン」です

成長ホルモンは子供の成長期だけでなく、大人になっても分泌され自己治癒力を促してくれています!

睡眠は、身体の回復だけなく、記憶の整理も行ってくれているため、

心の整理もされ、ストレスが解消する時間にもなります

当院では、不眠症で悩まれているお客様も多くご来院されております。

不眠症に効くツボや過ごし方もアドバイスさせて頂いておりますので、ご相談ください

▶︎運動

適度な運動は体温を上げ、免疫細胞を活性化します!

体温が1℃下がると免疫力は約3040%低下するといわれています。

免疫力は急にグッと上がるものではなく、

日々の生活習慣、栄養、食事、運動、睡眠など

日々のケアで向上していきます

自己治癒力や免疫力が低下している時は、ケアをせず何もしないでいても向上はしてくれません。

特に痛みがある時や体が不調な時は、お体のケアがとても大切になります。

痛いから動けない・・動かせない・・という時は、まずは「深呼吸」をやってみてください

深呼吸をすると腸も動きお腹の体操になります

▶︎栄養

免疫に関係している細胞は、主にたんぱく質(アミノ酸)からできています!

免疫の細胞も寿命があり、短いものだと約12日になります

たんぱく質は免疫細胞だけでなく、体を構成する細胞やホルモンも、たんぱく質から出来ています。

私たちの体は、日頃摂取している食べ物や飲み物の栄養からできています。

さまざまな栄養をバランスよく摂取することで、心身共に健康的に過ごすことができるのです

 

「睡眠」「運動」「栄養」

この3つは何千年も前から

変わらない健康的に過ごすための養生の基本となります

わかっているんだけど・・それが難しいだよ・・

という気持ちわかります

だって、人間だもの

今、生きているこの「瞬間」こそが自分の体の最新です

今までの生活が、今の体をつくってきたように、

日々の生活が自分の今や未来をつくっています

一つずつ、出来ることからまずは意識していきましょう♩

 

 

三大栄養素のPFCバランスとは?

93F84509-126D-41D5-AAC8-B8D9265DD822

こんにちは!皆さんはボディメイクやダイエット、栄養管理をする時にどんなことを意識されていますか?

ダイエットや栄養管理で大切なことは、過度な制限をしないことです!

体の生理的な代謝が分かると美味しく質の良い食事で体調管理ができます。

食べ物を摂取し、体内でエネルギー源になるのは

「三大栄養素」のたんぱく質・脂質・炭水化物です。

まず、基本的に体脂肪を落とそうと思えば、

摂取カロリー<消費カロリーにしていく必要があります。

そのため消費カロリーを増やすには、筋トレや有酸素運動はとても効果的です。

ダイエット方法は数多く存在しますが、健康的に痩せるためには、運動の他に、食事メニューにも気をつける必要があります。

過度な糖質制限や、同じものを食べる単品ダイエット、絶食といったやり方は、一時的に体重が減るものの、筋肉量が減って代謝が落ち、リバウンドしやすくなります。

また、ダイエット中に我慢をしたストレスが原因で、ドカ食いによるリバウンドを引き起こす危険性もあります。
栄養バランスを崩すことなく食事制限をする場合に、参考にしたいのが「PFCバランス」という考え方です。

PFCバランスとは「P=たんぱく質」「F=脂質(脂肪)」「C=炭水化物」がそれぞれどれくらいの割合を占めるかを示した比率のことで、厚生労働省が提示している生活習慣病の予防・改善の指標となる三大栄養素の理想量をいいます。

厚生労働省では「エネルギー産生栄養素バランス」として、生活習慣病の予防・改善の指標となる三大栄養素の目標量を、以下の通り提示しています。

たんぱく質:13~20%
脂質:20~30%(飽和脂肪酸は7%以下とする)
炭水化物:50~65%

この数値は生活習慣病予防・改善のための指標になります。

 

次回は、それぞれの栄養素についてお伝えいたしまので、お楽しみに!

 

 

「HBL広島整体院&美容鍼」 PAGETOP